浴室リフォーム診断

自分でできるリフォーム診断

 お風呂は毎日入っている人でも浴室そのものの痛みにはなかなか気がつかないものです。
そこでプロも実践する浴室の「傷みチェック」のいくつかをご紹介します!

在来工法のお風呂をお使いの方なら誰しも「ちょっとタイルのところに隙間ができてる?」という症状を目にされたことがあるのではないでしょうか? 
実はこの”ちょっと”が大変なことになる場合があります。(全てではありませんが・・・)

以前あるお宅で浴室リフォームをさせていただいたときの写真が下のものです。

リフォーム後10年足らずで一見まだまだ使えそうな浴室でしたが、解体してみてびっくり! 
浴室周りの木という木がシロアリの被害にあっていました。
周辺の材木が湿気を含み、手で触れるとボロボロと崩れてしまいます。

ひどいところでは高さ2m近い高さのところまで蟻道(シロアリの通り道)が見られました。

原因は浴槽と床タイルの間のほんのちょっとした隙間。
それと入口ドア枠とタイルの間のほんのちょっとした隙間。
主にその2ヶ所でした。

浴室工事前  浴室ドア枠解体後
 工事前 一番傷みがひどいところを撮影   解体すると・・・ 枠の下地や土台が水浸しでした・・・

           
解体前浴室 見た目はとてもキレイなのですが・・・ シロアリ被害の木部は全撤去 他は防腐・防蟻処理

このお宅は敷地周辺の水はけが良くなく、たまたまシロアリが発生しやすい立地条件であったことと、以前に行った水まわりの大規模リフォームの際に周辺木部の防腐・防蟻処理が甘かったことが被害を大きくしたと思われます。

もうちょっと早く浴室の痛みに気がつき適切な処置をしていれば、少なくともあと5年〜10年は長持ちさせられたかもしれません。

浴室リフォーム診断 在来工法浴室編

ユニットバス入門でも触れていますが、在来工法浴室とは「床や壁がタイル等でできた浴室」とお考えください。

 

図にかんたんに書き出しただけでもこれだけのチェック項目があります。
しかし大きく分けて「ヒビや割れ」、「タイルの浮き」の二つが診断のメイン項目です。

●ヒビや割れ
水はどんなに狭いところにも入り込んでいきます。
チェックの優先順位は床と床に近い場所からです。
特に「浴槽とタイルの隙間」「入口ドアとタイルの隙間」「壁タイルと床タイルの隙間」の3ヶ所は最重要ポイントです。
よく水に触れる場所でありながらもっとも隙間ができやすい場所なのです。

調べ方は目視で十分です。
ちょっとでもすき間が空いていればアウトです。
メモ用紙一枚でも入るすき間があれば将来的に傷んできますので、タイル目地材、目地補修材、コーキングなどですき間を埋めてください。
ちょっとした場所であってもしっかりと実施しないとすき間がふさがらず、よけいに水が入りやすくなったりする場合があるので、施工方法を十分に確認した上で丁寧に実施してください。

●タイルの浮き
タイルの目地はあまりに劣化したり欠けや割れがあると水を浸透させてしまいます。
タイルそのものが割れている場合も同じです。
表面上は分からないのですが、長年水が浸透するとタイルの下に水や湿気が回ってタイルが浮いてくる状態になることがあります。
タイルの浮き=水分が浸透・浸入している という判断ができますので将来的に注意が必要です。

調べ方はちょっとコツがいります。
タイルを傷めない程度に硬いもの(マッキーなどのマジックペンが良いかも?)をタイルに当て、そのままタイルの上を軽く擦ります。
そうすると当然「カラカラ」と音がしますが、その音が変化したり高くなったりする場所があればそこが浮いている可能性があると判断できます。
タイルが下地に密着しているかどうかを判断するわけですね。
ちなみにプロは打診棒(パールハンマー)という専門の道具を使います。

対処の方法は症状によっていろいろですが、目地補修やタイルの部分的な貼替等も含め、傷んでいる箇所を徹底的に治すことが重要です。

浴室リフォーム診断 ユニットバス編

ユニットバスの浴室リフォーム診断です。

 ユニットバス診断

ユニットバスは年々材質や工法・形状などが進化しており、ひとくくりにユニットバスといっても、20年〜30年前のユニットバスと最近のユニットバスとではあらゆる面で雲泥の差があります。

昔のユニットバスは壁パネルの傷み・浴槽本体の傷み・各部のシール切れなどがよくみられます。

特に壁パネルの腐食は昔のユニットバスの多くみられます。
最近のユニットバスと違い、床パンとの取合のところに水がたまりやすい形状のものが多く、ぽっかり穴が開いてしまうとそのまま床下に水を流してしまう可能性もあるのでユニットバスとしては致命的です。
応急処置としてはアルミテープを貼るなどの方法がありますが、あくまでも応急処置なのでできるだけ早く修理かユニットバスの交換をおすすめします。

また事例としてはまれですが、万一浴槽のヒビ割れや床パンのヒビ割れなどがあった場合は、これもできるだけ早く修理かユニットバスの交換をおすすめします。
もともとボートなどに用いるような強い素材でできていますが、最近のユニットバスと違い二重パンなどの構造になっていないものもありますので、水漏れがそのまま床下に流れてしまいます。

ユニットバスは浴室そのものが工業製品ですので、メーカーに部品の在庫がなくなれば同じものを交換して修理することができません。

浴槽や床パンのFRP補修やパネルのパテ埋め補修など、修復の方法はありますが、いずれもメーカーや専門業者でないと手をつけられないものです。

唯一シール切れなどは一般の方でも補修可能だと思いますので、症状が出られている方はチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

MAIN MENU

お問合せ

浴室等リフォーム工事の問合せやご依頼は「ユニットバス本舗」を運営するエスケーワークスが承ります。

    お問合せ・見積依頼

営業地域

大阪市・豊中市・吹田市・摂津市・茨木市・高槻市・守口市・門真市・寝屋川市・池田市・箕面市・枚方市・大東市・東大阪市・堺市・八尾市・尼崎市・伊丹市・西宮市 etc...
大阪府下及び大阪周辺地域

電話受付時間

平日:9:00〜19:00
土曜日:9:00〜12:00
(日曜日・祝日は問合せフォームをご利用ください)

メーカーリンク

TOTO
TOTO
LIXIL
LIXIL
パナソニック電工
パナソニック
ハウステック
ハウステック
パナソニック電工AWE
パナソニック
エコソリューションズ AWE


TOPユニットバス入門お風呂のリフォームとは浴室リフォーム診断浴室リフォーム施工例

いちおしユニットバス!数量限定!お値打ち品!

TOTOユニットバスLIXILユニットバスパナソニックユニットバスハウステックユニットバス

給湯器も一緒にリフォームQ&Aプライバシーポリシーお問合せ・見積依頼浴室リフォーム工事について会社案内リンク