ユニットバスの基本機能

床パン

ユニットバスの床はほとんどがFRP樹脂製で一体モノになっており防水性能を高めています。

最近では水の表面張力を破壊しながら排水を促す排水ミゾを切ってある速乾性の床が主流です。
夜入浴しても次の朝には床が乾いているという大人気の機能です。
足が濡れないという利便性の他に、浴室の湿気が抜けやすいので湿気対策には大変有効です。

「カラリ床」という名でTOTOが発売しはじめたところ爆発的にヒットし、今ではほとんどのメーカーの一定以上のグレードのユニットバスに標準装備されています。

また最近では畳のように柔らかい床材や従来より断熱性を高めた高機能の速乾性床などもあります。

 

壁パネル

ユニットバスの壁パネルの多くは薄い鋼板製で補強のためにプラスターボードが接着してあり、鋼製のフレームにはめ込むことによって壁が固定されています。

昔のユニットバスの壁は年数が経つと壁パネルの表面が腐食することもありましたが、素材や表面加工技術の向上によってそういうこともダンゼン少なくなりました。

最近のユニットバスは壁パネルの色や柄を複数の中から選ぶことができます。
アクセントパネル貼りというような四面ある壁パネルのうちの一面だけを別の柄に変えたりすることもできますし、当然壁パネルの四面とも同じ柄にすることもできます。

壁パネルの表面もツルツルピカピカの『鏡面』加工してあるものが多く、質感を向上させると同時に、掃除が大変しやすくなっています。

また壁パネルのジョイント部分にコーキングが入っていないことも清掃性の向上に役立っています。

床や浴槽の色と組み合わせて浴室空間をカラーコーディネートできます。

 

浴槽

浴槽の材質は主にFRP樹脂の浴槽と人工大理石の浴槽が選べます。
浴槽の形状を数種類の中から選べるユニットバスも増えてきました。

色もほとんどのユニットバスで数種類の中から選ぶことができます。
床や壁の色と合わせて浴室空間をカラーコーディネートできます。

浴槽の排水栓はゴム栓やボタン式排水栓があります。
ボタン式排水栓は浴槽の中に手を突っ込むことなく排水栓の開閉ができて便利です。

今はやりの高断熱浴槽は浴槽を断熱材で包み、浴槽そのものの保温力をアップさせる機能です。
浴槽内の湯温をできるだけキープすることで余計な沸かし直しなどをおさえ、給湯器の運転を抑えることで省エネに貢献します。

ご家族で入浴の時間がバラバラだったりするお宅にぴったりです。

高断熱浴槽のふたも断熱性の高い専用品が用意されます。

ユニットバスのシリーズやサイズによっては入浴姿勢保持のための手すりがついていたり、浴槽の底を段違いにして半身浴が楽しめるものなどもあります。

 

排水口

ユニットバスの排水口には基本的に髪の毛などを受け止める網がついていますが、絡みついて掃除しにくいというのが悩みでした。

最近のユニットバスの排水口の網は髪の毛などが絡みにくい工夫がしてあるものが多く、また排水口の形状もより掃除がしやすくなっています。

多くのユニットバスでそのような機能が標準装備されています。

最近のユニットバスはバリアフリー仕様のものが多いので、排水口が詰まってあふれてしまうと脱衣場にまで水があふれてしまう可能性があります。
特にマンションの場合は下階へ漏水してしまう可能性もあります。

そうならないようユニットバスの排水口は定期的に掃除をする必要があります。

 

洗い場水栓・シャワー

最近ユニットバスの洗い場水栓で増えてきているのが『タッチ水栓』や『プッシュ水栓』と呼ばれるものです。
水やお湯をボタン操作で出したり止めたりするもので、操作がわかりやすいので誤操作が少なく全世代が安心して使える次世代の主流になると思われる水栓です。

『タッチ水栓』や『プッシュ水栓』は主にグレードの高いユニットバスに装備されています。

その他のタイプには今では一般的になったサーモスタット水栓が主に使われています。

ユニットバスは水栓の種類によってタイプ分けされているものが多いので、水栓の形状でタイプが決定することになります。

お湯はり機能のついていない給湯器をお使いのお宅では、お湯はりのために専用の水栓を別途浴槽側に設置するか、浴槽洗い場兼用の水栓のタイプを自動的に選択する必要があります。

シャワーもメタル調のデザインのものやマッサージ機能がついたもの、節水機能がついたものなど色々と選ぶことができます。

 

ドア

ユニットバスのドアは基本的に折れ戸が多いです。
人が中にいる時にドアを開けてもぶつからないように採用されています。

ただサイズが大きくなると開き戸が標準仕様になっているユニットバスもあります。
開き戸の場合、ドア外にタオル掛けなどをつけると便利です。

また引き戸や三連引き戸等もあるうえ、現場の状況で制約を受ける場合はドアのサイズやドア位置などもある程度選択できます。

安全のためにドアのパネルはガラスではなく樹脂製になっています。

あとユニットバスで意外と汚れるのがドアです。

こまめに掃除をしないとパッキン部分にカビが生えたり、ガラリの中のホコリが固まって取りづらくなってしまうこともあります。

そこで各社ともドアパネルのパッキンをなくしてカビを抑えたり、ホコリの溜まりにくいガラリ形状を開発したりと、「掃除のしやすいドア」が各メーカーのウリの一つになっています。

 

照明

照明器具も色々と選べるユニットバスが増えてきました。
基本的には壁につけるタイプのものが浴室の大きさに応じて1灯または2灯つくのが一般的です。

白熱球の生産数の減少を見越して最近の照明器具はほとんどが蛍光ランプ用になっています。

天井付の照明を選んだり天井埋込型ダウンライトを選択できるユニットバスも多いです。
またLED電球が使える照明器具も選べたりします。

清掃性を考えればダウンライトが魅力的ですが、ほとんどがオプション対応になることと天井裏に一定のスペースが必要になります。

 

鏡・収納・カウンター

鏡と収納、カウンターはタイプによって標準仕様が違いますが、鏡も収納も形や大きさ、収納棚の数やカウンターの大きさなど色々とあるのでお好みで選ぶことができます。

鏡は最近では大きめの鏡が人気です。
メーカーによって汚れにくい鏡やくもり止め機能のついた鏡のラインアップなども増えてきています。

収納棚は数が多いほど収納力が増えますが、その分掃除の手間がかかります。
なのであらかじめ収納したいものや家族の人数などで判断するといいでしょう。

戸建用ユニットバスのカウンターはは洗面器が置けるタイプが多くなっています。
マンション用ユニットバスのカウンターはスリムタイプが多くなっています。

鏡・収納・カウンターと水栓の形状などによってユニットバスのタイプが分けられています。

 

換気設備

在来工法と違いユニットバスの場合は換気扇での強制換気が基本となります。
そのため在来工法からユニットバスへのリフォームの場合は新たに換気扇を設置することになります。

マンションや高気密住宅などでは24時間換気対応の換気扇を設置する必要があります。

通常の天井換気扇のほか、脱衣場と同時に換気できる二室換気扇、浴室換気乾燥暖房機などさまざまな機能の機器を生活スタイルに合わせて選ぶことができます。

やはり一番人気は換気乾燥暖房機ですね。ミスト機能付がこれから主流になりそうです。

ユニットバスのカタログでは電気式の換気乾燥暖房機だけが掲載されている場合が多いのですが、サイズが合えば温水式の換気乾燥暖房機も設置可能です。

電気式の換気乾燥暖房機を新たに設置する場合は分電盤から専用回路を新設する必要があります。
温水式の換気乾燥暖房機を新たに設置する場合は暖房用の熱源機を新設する必要があります。

 

天井

ユニットバスの天井の材質は壁パネルと同じ材質のものがほとんどです。
換気扇等のメンテナンスのため必ず天井点検口がついています。

基本的には色は白のみですが、一部のメーカーの一部の商品で色を選べるものもあります。

戸建住宅用ユニットバスの天井は解放感を演出するためドーム状になっているものが多く、逆にマンション用ユニットバスの天井は平らな天井になっています。

また戸建用ユニットバスの天井高は比較的高く設定してありますが、マンション用ユニットバスの天井高は設置スペースの問題で低めに設定されています。

 

MAIN MENU

お問合せ

浴室等リフォーム工事の問合せやご依頼は「ユニットバス本舗」を運営するエスケーワークスが承ります。

    お問合せ・見積依頼

営業地域

大阪市・豊中市・吹田市・摂津市・茨木市・高槻市・守口市・門真市・寝屋川市・池田市・箕面市・枚方市・大東市・東大阪市・堺市・八尾市・尼崎市・伊丹市・西宮市 etc...
大阪府下及び大阪周辺地域

電話受付時間

平日:9:00〜19:00
土曜日:9:00〜12:00
(日曜日・祝日は問合せフォームをご利用ください)

メーカーリンク

TOTO
TOTO
LIXIL
LIXIL
パナソニック電工
パナソニック
ハウステック
ハウステック
パナソニック電工AWE
パナソニック
エコソリューションズ AWE


TOPユニットバス入門お風呂のリフォームとは浴室リフォーム診断浴室リフォーム施工例

いちおしユニットバス!数量限定!お値打ち品!

TOTOユニットバスLIXILユニットバスパナソニックユニットバスハウステックユニットバス

給湯器も一緒にリフォームQ&Aプライバシーポリシーお問合せ・見積依頼浴室リフォーム工事について会社案内リンク