お風呂のリフォームとは

お風呂のリフォームは一戸建てかマンションか、現在の浴室が在来工法浴室かユニットバスか、サイズはどれくらいか、間取りをそのままにするのか浴室を広げるまたは縮めるのかなどを把握・検討する必要があります。

またユニットバスのリフォームの際、多くの場合洗面室や脱衣場にも工事が影響するケースがあります。

そのほか給湯器や選ぶオプションによって別途必要になる工事もあり、それらを踏まえて総合的に把握・検討する必要があります。

 

今のお風呂はどのタイプ?

まずはあなたのお宅の浴室がどういったタイプでどういった特徴があるか知っておきましょう。

在来工法浴室 (ざいらいこうほうよくしつ)

床・壁などが主にタイル貼りまたはモルタルでできている浴室です。
浴槽はポリまたはステンレスが一般的です。

かつてはほぼこのタイプの浴室でしたが、経年劣化などの原因で主にタイル目地の割れや隙間から漏水するケースがあります。
今でも一戸建ての浴室には多く用いられています。

施工の自由度は非常に高く、スペースを無駄にすることなく質感の高い豪華な浴室を作ることができます。

一般的に窓や換気ガラリが設置されていることが多く、換気扇が設置されていないケースが多いです。

 

ハーフユニットバス

在来工法の欠点をカバーすべく床と浴槽をFRP等により一体化し、壁・天井はパネルやタイル、モルタルなど別資材でできている浴室です。

漏水に対する対策としてはとても有利ですが、床と浴槽が一体成型のためサイズが大きく、現場搬入や施工上に様々な制限が発生するため浴室リフォームにとっては不利なケースが多くみられます。

そのため製品のラインアップ自体が成熟しておらず選択できる商品もそれほど数多くはありません。

主に防水面を考慮する必要がある場面で用いられますが、今ではユニットバスにその立場を譲りつつあります。

 

ユニットバス (システムバス)

壁・床・天井をパネルで箱状に組み、その中に浴槽を設置した組立式浴槽です。

従来の浴室の懸案事項だった「漏水対策」「施工自由度」「コスト」を現在でも解決すべく日々開発が進んでいます。

「漏水対策」についてはいうまでもありません。
ただかなり古い商品の中には壁パネルの鋼板が錆びてきたりするものもあります。
そうなったときは漏水の危険サインです。
ちなみに最近の壁パネルはパネル本体の素材や表面加工の技術が格段に向上していますので以前のものより断然長持ちします。

「施工自由度」についてもかなり開発が進んでいます。
以前のものよりも狭いスペース・広いスペースに設置ができるようにはなってはきました。
しかしながらFRPや人工大理石、鋼板等の成型品という性格上、施工自由度も無限ではありません。
スペースにあったオーダー品を作成することも不可能ではありませんが、コストがとても大きくなります。

「コスト」に関しては工事に関わる職人の数が少なくなったという時点でユニットバスはかなり有利かとは思います。
サイズにもよりますが同じお宅にユニットバスで見積しても在来工法と変わらなかったり、安くなったりするケースも多くあります。

 

浴室リフォームするなら在来工法浴室?ユニットバス?

どのタイプからどのタイプへも工事は可能ですが、費用対効果でバランスをとって考えると、浴室のリフォームは現在の浴室のスペースがまずカギになってきます。
サイズの問題がクリアできれば下記の内容を参考にして在来工法浴室かユニットバスかを選ぶことになります。

 

サイズ

一般的なお宅であれば大体の浴室の設置スペースがパターン化されていますので、サイズが合えばユニットバス、ユニットバスが採用できない浴室サイズや形状なら在来工法浴室を選択するのが一般的になってきました。

ユニットバス自体のサイズが決まっているので、在来工法からユニットバスにリフォームする場合は浴室スペースが狭くなる場合もあります。

 

質感・デザイン

質感やデザインで選ぶなら在来工法浴室のほうが今のところ一枚上手です。
高級タイルや石貼りの浴室の豪華な質感は在来工法浴室でしか味わえません。

ユニットバスの壁パネルにも石目調やタイル柄、木目調の柄のものも登場してはいますが、あくまでも”柄”なので質感としてはどうしても本物には若干劣ります。

ただ、ユニットバスにはタイル柄では表現できないデザインのものもあります。
また表面を鏡面加工してある壁パネルも多いためタイルとは違う質感を味わえます。

気になる方はショールームなどでご確認されることをおすすめします。
ちなみにメーカーによってはユニットバスのパネルに本物のタイルや石を貼ったユニットバスがあったりします。

 

寒さ・暖かさ

在来工法浴室は建物の構造と一体になっているため、外気の影響を直接受けます。
特に冬は浴室自体がなかなか温まりません。

一方ユニットバスは建物の構造と全くの別構造になっているため、外気の影響を受けにくくなっています。
そのため在来工法浴室と比較すると、冷たさを感じにくくなっています。

最近のユニットバスに多くなっている浴槽全体を断熱するオプションを導入すれば、暖房機器を設置しなくてもある程度の暖かさを保つことができます。

 

万一の時のメンテナンス

在来工法の場合は配管類がほとんどタイル壁内に埋め込みになってしまいますので、頻繁に起こることではありませんが、万一の漏水などの際は原因の特定に時間がかかったり、リフォームと同規模の大掛かりな工事が必要なケースがあります。

一方ユニットバスも同様に配管類は壁や床に隠れてしまいますが、万一の時のための点検口がついている商品が多く、点検・修理をする際に比較的工事規模や費用を少なくできることが魅力です。

 

お手入れ・お掃除

浴室のお手入れ・お掃除はマメにできていればどちらの浴室も大差はありません。
ただユニットバスのほうがタイル目地などがない分、お手入れ・お掃除が比較的簡単です。

在来工法浴室の場合は長い間掃除をしないと目地などにカビが生えて大変ですし、ユニットバスも赤カビなどのヌルヌル汚れを放置すると落ちにくくなってしまいます。

浴室は体の汚れを落とす場所なのでどちらにせよやはりこまめな掃除が大切ということでしょうか。

 

付加機能

換気暖房乾燥機や浴室TV、ミストサウナなど付加機能についてはどちらの浴室も大きな差はありません。良し悪しは取り付ける機器の性能に依存します。
ただ、在来工法浴室のリフォームの場合、多少施工が大掛かりになる傾向があります。

ユニットバスでしか選べない水栓器具などがあったりしますが、逆に在来工法浴室ではどのメーカーのどの商品でも気に入った商品があればだいたい取り付けができる場合が多いです。

少なくともマンションや一戸建ての2階などは、やむをえない場合を除き、ぜひユニットバスをお勧めします。
漏水に対しては絶対的に有利ですし、それが家の寿命をのばすことにもつながることもあります。

 

付帯工事を考える

浴室・ユニットバスの工事は浴室の中だけの話ではありません。
同時に工事することによって費用的に有利になる周辺工事も多いので、それらもあわせて検討し計画しておきましょう。

 

給湯器・風呂釜

浴室・ユニットバスの付帯工事で最も多いのは給湯器です。
特に追焚機能を追加する場合は給湯器・浴室とそれをつなげる追焚配管を増設する必要があるため、取替えのタイミングとしては最も適しています。

給湯器の号数は1分間に1リットルの水の温度を25℃上昇させる能力を1号分と表しています。
たとえば24号の給湯器は24リットルの水を1分間に25℃上昇させられるということです。
つまり号数が大きいほうがより多くのお湯を作り出せるということになります。

目安としては4人家族で一年中シャワーを快適に利用できる性能は24号からとなります。

また浴室内に風呂釜があるような「バランス型」が設置されている場合は「壁貫通型給湯器」に取り替えることで大きい浴槽が設置できます。

ちなみに給湯器・風呂釜の本体寿命は約10年が目安だといわれています。
あまりに古い給湯器や風呂釜は経年劣化により知らないうちに危険な状態になっていたりするケースもありますので、動かなくなる前に取替えましょう。

 

洗面室内装

ユニットバスの工事の際、浴室入口のドアもセットのものに交換となります。
その際に入口の位置が変更になることが多く、位置が大きくずれたり、ドアの大きさが変わると洗面室の壁や床の補修が必要になります。

浴室入口周りの壁が部分補修になるならいっそのこと洗面室のクロスやクッションフロアを張り替えようという方はとても多いです。
そのほうがきれいに仕上がるためです。

 

洗面台・洗濯機パン

多くのお宅では浴室のそばに洗面台や洗濯機パンがあるかと思います。
これらの設備は給排水管を共有していたり近くに配管が通っているケースが多いため、一度にリフォームしてしまうケースもよくあります。

 

トイレ

浴室の近くにトイレが設置されているケースも多く、換気扇などを浴室と共有しているケースが多いので、浴室と同時にトイレの工事をする場合もよくあります。

 

浴室拡張

浴室をリフォームする際に浴室そのものを広げてしまうケースもあります。
お気に入りのユニットバスを設置するためや介護のためなどによくあるケースです。

間仕切を作り直すためその分費用はかかりますが、少し広げただけでもかなり快適に過ごせるため人気があります。

 

MAIN MENU

お問合せ

浴室等リフォーム工事の問合せやご依頼は「ユニットバス本舗」を運営するエスケーワークスが承ります。

    お問合せ・見積依頼

営業地域

大阪市・豊中市・吹田市・摂津市・茨木市・高槻市・守口市・門真市・寝屋川市・池田市・箕面市・枚方市・大東市・東大阪市・堺市・八尾市・尼崎市・伊丹市・西宮市 etc...
大阪府下及び大阪周辺地域

電話受付時間

平日:9:00〜19:00
土曜日:9:00〜12:00
(日曜日・祝日は問合せフォームをご利用ください)

メーカーリンク

TOTO
TOTO
LIXIL
LIXIL
パナソニック電工
パナソニック
ハウステック
ハウステック
パナソニック電工AWE
パナソニック
エコソリューションズ AWE


TOPユニットバス入門お風呂のリフォームとは浴室リフォーム診断浴室リフォーム施工例

いちおしユニットバス!数量限定!お値打ち品!

TOTOユニットバスLIXILユニットバスパナソニックユニットバスハウステックユニットバス

給湯器も一緒にリフォームQ&Aプライバシーポリシーお問合せ・見積依頼浴室リフォーム工事について会社案内リンク