ユニットバスのサイズ

呼称でユニットバスのサイズがわかる?

ユニットバスのカタログを見ていると「1216」とか「1620」などの数字が記載されています。
これはユニットバスのサイズの「呼称」で、例えば「1216」なら短辺約1200mm×長辺約1600mmの『内寸』ですよということです。

ただし、戸建用の中にはサイズによっては5センチほど内寸が小さいものがあります。
例えば内寸で1150mm×1600mmだったとすれば「1216」サイズだと判断します。

メジャーがあればどなたでも寸法が測れるはずなので、今ユニットバスをお使いであれば一度測ってみてください。

ちょっと古いユニットバスだったりすると数センチ違っていたりしますが、それは今のように規格が統一されていない時代のものだと思われます。
その場合はだいたい近いもので判断するとイイかもしれません。

ユニットバスからユニットバスへリフォームをする際には、同じ内寸のものなら設置できる可能性が高いので、サイズが分かればいろいろなメーカーの商品から希望のものを選びやすくなります。

ただ昔のユニットバスと今のユニットバスでは配管スペースの取り方やフレーム構造が違っていたり、マンションなどではオリジナルのユニットバスが設置されていたりする場合もあり、同じ『内寸』のユニットバスなら絶対に設置できるというわけではありません。

なのでユニットバスの呼称サイズはあくまでも「目安」として考えておくほうがいいでしょう。

 

ユニットバスの必要設置寸法って?

ユニットバスのサイズでもうひとつ重要なのが『設置寸法』です。
これはユニットバス本体の『外寸』+『配管スペース』ということで、簡単に言えば『ユニットバスを設置するために必要な空間寸法』ということです。

ユニットバスメーカーのカタログには表記はメーカーによって違いますが、必ず図面が掲載されており
『必要設置寸法』が記載されています。

この寸法は一般の方には測るのが難しく、なかなか把握しにくい寸法かもしれません。
しかしながらこの寸法を把握しないと商品の選定や発注すらできないため、現場調査が必要になるわけです。

現場調査では設置寸法以外にユニットバスドア周りの寸法、床高さ、配管状況、天井裏高さ、ユニット搬入経路なども調査しますが、一番大事な調査は必要設置寸法の把握です。

ユニットバス平面図 ユニットバス立面図

既存の浴室がユニットバスの場合は基本的に天井に点検口がありますので、そこから設置スペースの状況を確認するとともに設置寸法を測ることになります。

今お使いの浴室がタイル張りの「在来工法」の場合は、この設置寸法の把握が特に難しくなります。
一般の木造住宅の場合、実際に測っていただいて、カタログから近い設置寸法のものを選べばだいたいの見当はつきますが、実際に設置できるかどうかの判断は私どもにお任せください。

在来工法の場合、家の構造から逆算して最終的な設置寸法を算出する必要があります。

新築ならまだしもリフォームの場合の設置寸法の算出は経験が必要で、一般の方にはかなりハードルが高いです。

 

ユニットバス設置に制約を受ける諸条件

ユニットバスのサイズで確認する必要があるのは壁・床・天井の寸法だけではありません。

他にもさまざまな条件によってユニットバス設置の際に制約を受ける場合があります。

●各種配管
特にマンションで多いのですが、ユニットバスの設置スペースには様々な配管が通っています。
浴室の給水管・給湯管・排水管はもちろんのこと他の部屋へのガス管も含めた各配管、上には換気ダクトや電気配線、上階の排水管、浴室の横に排水の縦管があるなど様々なものが詰め込まれています。

その各配管の位置によっては設置するユニットバスに影響のないように配管を移動したりやり直したりしますが、中には条件的にどうしても移動できなかったり現場調査時に把握不可能なものもあったりします。
そんな時はやむを得ずサイズが制約されたりユニットバスの床の高さが上がったりします。

●床下寸法
最近のユニットバスはバリアフリー仕様のものが増えてきました。
しかし状況によってはバリアフリーの状態で設置できないケースもあります。
マンションや鉄骨のお宅によくあるケースです。

ユニットバスをバリアフリーで設置するためには浴室の床下の寸法が一定以上必要で、元々の家の構造がそれに満たない場合はバリアフリー仕様のユニットバスといえどもバリアフリーにならない場合があります。

これは元々の家の構造上の問題なので、ユニットバスにする以上段差ができてしまうのは仕方ありません。
どうしてもバリアフリーにしたいという方もおられるかもしれませんが、ユニットバスの入口の段差を解消するために洗面室の床を上げる必要があり、洗面所と廊下の段差がより大きくなってしまうなどという本末転倒なことになりますのでおすすめできません。

これはユニットバスが現場加工できない商品である以上やむを得ない制約です。

●天井裏高さ
天井裏に移動できない換気ダクトや梁などがある場合にユニットバスの天井高さや換気扇・浴室暖房乾燥機などの設置に制約がでる場合があります。

これも元々の構造上の問題なので、ユニットバスの天井高を下げたり、換気扇等のサイズ変更や位置変更などで対応することになります。

それらで対応できない場合はユニットバスが設置できないという判断をすることになります。

●梁対応
ユニットバスの壁際に建物の梁が干渉する場合がありますが、その場合は「梁カット部材」と呼ばれるオプション部材を使って対応することになります。

ただし、梁の大きさによっては梁カット部材で対応できないケースがまれにあります。
その場合はユニットバスの天井高を下げたり、梁が干渉しないサイズへユニットバスサイズを小さくする必要があったりします。

●窓対応
窓がついている浴室にはユニットバスの壁パネルを既存の窓に合わせてカットし、オプションの窓枠を取り付けて対応します。

ただし壁パネルの強度の問題でユニットバスの壁パネルのカットできる大きさや範囲が限られていますので、カット可能範囲外に既存の窓がついている場合や窓が大きすぎる場合は、窓そのものの移動や交換をするか、カット可能範囲内に入るようにユニットバスの設置高さや設置位置の調整をする必要があります。

窓そのものを工事する場合は多くの場合、外壁の工事も必要になります。

●ドア位置
ユニットバスへのリフォームをする際、浴室のドアもユニットバスのセットになっているので交換になりますが、ほとんどの場合、既存のものに比べドアの位置や大きさが変わることになります。

浴室に隣接する洗面室の形状や洗面台、洗濯機パンなどの他の設備との兼ね合いでユニットバスのドアの位置やサイズが制約を受ける場合があります。

ドアの位置やサイズ変更をしても制約が解消されない場合は他の方法を考える必要があります。

既存の浴室が比較的新しいユニットバスの場合はまれにドアの位置や大きさがほぼ同じという時もあります。

 

ユニットバスは設置寸法とともにこういった諸条件が整って初めて設置可能と判断します。

現場で商品のサイズを変更できないユニットバスという商品の唯一の弱点とも言えるでしょうか?

 

MAIN MENU

お問合せ

浴室等リフォーム工事の問合せやご依頼は「ユニットバス本舗」を運営するエスケーワークスが承ります。

    お問合せ・見積依頼

営業地域

大阪市・豊中市・吹田市・摂津市・茨木市・高槻市・守口市・門真市・寝屋川市・池田市・箕面市・枚方市・大東市・東大阪市・堺市・八尾市・尼崎市・伊丹市・西宮市 etc...
大阪府下及び大阪周辺地域

電話受付時間

平日:9:00〜19:00
土曜日:9:00〜12:00
(日曜日・祝日は問合せフォームをご利用ください)

メーカーリンク

TOTO
TOTO
LIXIL
LIXIL
パナソニック電工
パナソニック
ハウステック
ハウステック
パナソニック電工AWE
パナソニック
エコソリューションズ AWE


TOPユニットバス入門お風呂のリフォームとは浴室リフォーム診断浴室リフォーム施工例

いちおしユニットバス!数量限定!お値打ち品!

TOTOユニットバスLIXILユニットバスパナソニックユニットバスハウステックユニットバス

給湯器も一緒にリフォームQ&Aプライバシーポリシーお問合せ・見積依頼浴室リフォーム工事について会社案内リンク